矯正しか道はない?

乱視とは角膜や水晶体が歪んでしまい、完全な球体ではなく、例えばラグビーボールの様に変形してしまった場合に起こる、焦点が合わなくなる目の屈折異常のことを指します。
しかし人間の目はそもそも完全な球体ではないため、全ての人が乱視の要素を持っているのですが、症状がひどくなった場合に乱視として診断されます。

ですので軽微な乱視の場合は症状は出ませんが、乱視の度合いが高くなると斜視、視界不良から眼精疲労や頭痛を引き起こすという研究結果も発表されています。。


さて、矯正にはメガネ、コンタクトレンズと言う手段がありますが、あくまで矯正であるため、一生付き合っていくことになってしまいます。
また、レーシックでも回復を謳っていますが、失敗する可能性が思いのほか高く、費用も高いためリスクがかなり高いのが現状です。

まずは乱視回復トレーニングソフトなどを利用して回復を目指してみるのも良いのではないでしょうか?



2chまとめwikiとは面白いスレッドをユーザーが自由に登録できるシステムです。
ディズニーのDVDをリッピングする方法を知ってから今まで以上にレンタルを利用するようになりましtた。
面白いゲーム実況が多いニコニコ生放送を録画するならタイムシフトにも対応したものがおすすめです。
SEOランカーは複数の検索エンジンでの順位を調査できる無料ツールです。
一流企業の経営理念は社員を教育するビジョンが現れています。

Comments are closed.